破産しないために

借金問題は、自分の人生に付きまといます。どんな時も、それが頭から離れなくなってしまいます。もちろん、借金をしないためには、お金を安易に借りないようにすることです。破産しないためには、借金をしすぎないようにするべきです。そのように決意していても、人間の意志は弱いものなので、つい多額の借金を背負ってしまうこともあります。借りる時にきちんとした計画を立てていても、何らかの予期しない事態が発生して返済に困ってしまうこともあります。ですから、必要以上に、借金に関しては注意深くあるべきです。いわゆる『クレジットカード』の利用も、借金のうちに含まれます。クレジットカードも使いすぎてしまえば、借金のもととなり、やがては自己破産の元となってしまうことだってあり得ます。ATM感覚でカードローンを使ってしまうと、自分が借金を行っているという感覚が鈍くなってしまいます。だからこそ、『注意深く』あるべきなのです。

計画を立てること、もし借金をしたとしてもその返済に関して確実な計画が立てられること、これが大前提となります。『計画的なご利用を』というのは、私達誰もがあてはめなければならないことであり、それを単なる文句の一つと考えてはなりません。

債務整理について

まさに最終手段、ともいえる自己破産について取り上げましたから、それも含められる『債務整理』について取り上げてみましょう。そもそも私たちには、借金を負っても国がそれをどうにかしてくれる、と言えば語弊がありますが、借金の返済を助けてくれる制度があります。それが債務整理、というものです。例えば複数社から借金を行い、毎月の返済額が膨らんでしまい返済が不可能となってしまう場合があります。また、ある消費者金融から借りたお金を返すために、また他の金融機関から借金をしてしまう…いわゆる『火の車』となってしまうこともあります。このような状態に陥り、いわゆる自力での返済が難しくなってしまった場合、『任意整理』、『個人再生』、そして最後の手段ともなる、『自己破産』という手段があります。

任意整理は、比較的誰もが行える、少額から行える債務整理のことです。いわゆる個人が保有している資産を手放す必要が無く、官報にも掲載されません。催促が止まるというメリットがある反面、借金そのものの額は減りません。個人再生は、自己破産と似ていますが、自宅を手放す必要はありません。また、本来破産では解決できない、ギャンブルなどが原因となった借金でも行うことができます。