破産しないために

借金問題は、自分の人生に付きまといます。どんな時も、それが頭から離れなくなってしまいます。もちろん、借金をしないためには、お金を安易に借りないようにすることです。破産しないためには、借金をしすぎないようにするべきです。そのように決意していても、人間の意志は弱いものなので、つい多額の借金を背負ってしまうこともあります。借りる時にきちんとした計画を立てていても、何らかの予期しない事態が発生して返済に困ってしまうこともあります。ですから、必要以上に、借金に関しては注意深くあるべきです。いわゆる『クレジットカード』の利用も、借金のうちに含まれます。クレジットカードも使いすぎてしまえば、借金のもととなり、やがては自己破産の元となってしまうことだってあり得ます。ATM感覚でカードローンを使ってしまうと、自分が借金を行っているという感覚が鈍くなってしまいます。だからこそ、『注意深く』あるべきなのです。

計画を立てること、もし借金をしたとしてもその返済に関して確実な計画が立てられること、これが大前提となります。『計画的なご利用を』というのは、私達誰もがあてはめなければならないことであり、それを単なる文句の一つと考えてはなりません。

筆者について

管理者

記事を表示 →